大人気の無垢の家具をご紹介します

家具にもさまざまな素材がありますが、その中でも無垢材を使用したものは、自然木を使用しているために独特の風合いや肌触りが魅力的であり、昔から日本では木材は活用され続けていたおなじみのアイテムであるために、家具として利用することで安心感やリラックス効果などを得られることもあります。またどのようなインテリアとも合わせやすいというデザイン性の魅力も兼ね備えており、しかも自然の素材であるために、使用し続ければし続けるほど、年月を得て色合いや風合いにさらなる磨きがかかり、より美しい姿へと変化し続けるという特徴もあります。このように無垢の家具には他の素材の家具にはないたくさんの魅力が隠されており、時代の変化に流されることなく、昔も今も家具の素材として愛用され続けています。

その他にもメリットがたくさんある素材

質感や風合いが特徴的な無垢素材ですが、それだけでなく木材ゆえに家具となっても基本的に生きている素材でもあり、そのために呼吸をするという特徴もあります。家具の呼吸はいわゆる湿度の調整をすることで、それはまさに高温多湿な日本には最適な素材だと言えます。よって室内の湿度によって膨張したり収縮することもあります。またどっしりとした重厚感や頑丈さといったものも木材ならではの特徴で、しかも加工しやすいという点も、家具にはふさわしいと言えます。よって一度購入すれば長く愛用し続けることが可能であるために、アンティークな家具なども木材が素材である場合が多いです。さらには木材に見られる木目模様はとても美しく、その木材の種類によっても違いがありますので、それだけでも十分インテリアとして愛でる価値があります。

末永く家具を使用し続けるためには

色合いや風合い、その素材の特徴。それらのどれもが魅力的な天然木材の家具ですが、よりその魅力を引き出して長く使用し続けるためには、取り扱い方法と手入れについての知識を身に着けておくと便利です。たとえば取り扱いについては、木材は呼吸をして生きている素材なため、濡れたタオルや布巾などで拭くと後が残ってしまうことがあるので、普段は乾いた状態のタオルや布巾でから拭きしましょう。ただし汚れが強い場合は、中性洗剤を薄めたものに浸したタイルをしっかり絞ったもので拭き、さらにその後にから拭きするようにしましょう。そして天然素材ゆえに湿気を吸い取るのは良いのですが、それが割れや反りの原因になることもあるため、市販のオイルワックスを年に三回程度塗り込み、ひび割れや反りなどを防ぐようにしましょう。