お部屋を素敵に変身させる無垢の家具はここが魅力的

住宅や家具で一般的に多く使われているのは集成材です。それに対して天然木とは丸太から切り出したままの自然な状態の材木のことをいいます。大量生産された家具に使われているのはたいていが集成材です。集成材は薄くした木板を接着剤で張り合わせてできた材木です。 天然木である無垢のよいところは一言でいえば自然のままということです。張り合わせていないため、化学物質の多く含まれる接着剤を材木を作る段階でまず使用していません。一枚一枚を張り合わせるために使う接着剤は少ないものですが、住宅や大きな家具には沢山の材木が必要なため、家の中は結果的に多くの接着剤が使われることになります。長い時間を過ごすのが自宅です。シックハウス症候群の原因となる可能性の高い接着剤などの化学物質はできる限り家庭内に持ち込まないにこしたことはありません。

さまざまな心地良さが感じられる無垢。

無垢は自然の材木のため室内の温度や湿度をコントロールしてくれます。雨の日は余分な湿気を吸い取ってくれ、乾燥した日には湿気をはきだしてくれます。また、天然木は熱伝導率が低いので、触ったときに嫌な冷たさを感じることはありません。天然木の種類はたくさんあり、硬さはさまざまですが、集成材に比べると柔らかく肌触りもいいので、冬の寒い日でさえふれるとほっとするような心地良い温かみを感じます。 そして天然木のため木の香りも十分楽しめます。天然木には精油分が含まれ、気分が安らぐ効果があります。森林の中でリラックスできるのと同じような効果です。天然木の家や家具を選べば自宅にいながら森林浴をしているような気分になれます。また色々な生活臭を防ぐ効果もあります。木の香りを楽しみつつ、消臭作用もありまさに一石二鳥です。

どんどん味わいが増していく無垢の家具のすばらしさ。

無垢を使って家具をつくればその良さは機能面だけではありません。年月を重ねるほど味わいが増します。集成材は年月を重ねるとみすぼらしくなりがちですが、天然木を使った家具はたとえ傷がついても、その傷ひとつひとつにも味わいがあります。年月を重ねると色も深い色となり使い込むことでつやが出て、木目もなじみ美しさがどんどん増していきます。 また天然木にはいろいろな種類があり、人気があって手に入りやすいのはオーク、パイン、チーク、クルミ、メープルなどです。樹木によって、色や風合い、硬さなどそれぞれ特徴があります。そして板一枚一枚にも表情があるので、まさに世界に一つしかない自分の家具が選べます。オーダーメイドの家具をつくってもらえることもできるので、色、材質、大きさとも自分にあった家具がもてます。